BANKERとPLAYER

BANKERとPLAYER


BANKERとPLAYERという言葉を聞いたことがありますか?

PLAYERはよく聞くかと思います。

僕も今年に入ってBANKERという言葉を耳にしました。

自分がどちらのタイプに属するか分析する事で、今後のビジネスや投資の進め方が変わってくると思いますので、是非知っておいて下さい。

 

恐らくバカラに由来する言語かと思います。

ビジネスでは意味合いが違いますので、下記と定義します。

 

BANKER(バンカー) ⇒ 仕組みを使って稼ぐ人。

PLAYER(プレイヤー) ⇒ 自力で稼ぐ人。

 

バンカーは、自力で稼ぐよりも仕組みや人を活用して稼いでいくタイプです。

ビジネスなら既にある仕組み、もしくは企画立案した仕組みに、人とお金を投入し稼がせる。

投資なら自動売買やマイニングなど、完全自動で仕組みに稼がせる。

そして、その仕組みを欲している人に提供したり紹介し、仲介料などを取って更に稼ぎます。

こういった周りの仕組みを上手く使って稼ぐタイプですね。

 

プレイヤーは自分自身で稼ぐタイプです。

ビジネスなら既にある仕組み、もしくは企画立案した仕組みに、自分が参加して成果をあげて稼ぐ。

投資なら裁量トレードで稼ぐ。

こういった自分の行動や技術で稼ぐタイプですね。

 

会社で働いているとして、自分がどちらのタイプか分析してみましょう。

新人の出来が悪くとも働かせて教育し、後々の自分の労力を減らそう!と考えている人はバンカーです。

新人を時間を掛けて教育するより、ある程度で見切りをつけ、自分で仕事をしてしまうのが早い!と考えている人はプレイヤーです。

 

僕は明らかに後者でした。

今までやってきたビジネスは殆どプレイヤータイプのビジネスです。

バンカー要素の入っているビジネスにも参入した事があったのですが、やはり上手くいきませんでした。

 

今やっているビジネスも投資も殆どプレイヤー型の物です。

やはりこっちの方が性に合い成果が出ています。

自分の性格や気質に合うタイプのモデルを選択させる方が、経験上上手く行く確率が高いです。

 

ただ、バンカー型の人も自力で稼ぐ手段は1つ持っていた方が、何かあった時に食うに困らないと思います。

 

逆にプレイヤー型の人は、レバレッジの効く物に参入していない限り一生楽にならないので、取り組む物はよく精査する必要があります。

そして、バンカー型を1つ取り入れて、何かあった時に勝手に稼ぐ仕組みを一つ持っていると良いと思います。

 

僕の場合は、ビジネス、管理型の自動売買、裁量トレード、これがプレイヤー型です。

今後バンカー型で取り入れようと考えているのがマイニングですね。

 

自分の適性に合う選択をすると無駄な時間を使わずに済みますので、是非意識して判断されてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です