裁量トレードの進捗

裁量トレードの進捗


先月半ばより開始した裁量トレードですが、6月前半はこっ酷くやられました!(笑)

6月前半は、利益を獲得したり、すぐに吐き出したりでプラマイ0です。

月間400PIPS!と息巻いてましたが、着地見込み200程度なので今月は未達に終わりそうです。

失敗した原因なんですが、はっきりしています。

師匠が先月の結果を鑑みて、更に細かい取り方を教えてくれたのですが、僕の基礎の部分がまだまだブレていた為、細かいやり方で右往左往して損失を出してしまった形です。

原因が分かってからは、基礎の部分のみに徹し、後半は安定した収益を出す事が出来ました。

エントリーのほんの一部ですが、結果をシェア致します。

6月21日22日のユーロドルのエントリーです。

最近のエントリーなので、チャートを追って確認して頂けるかと思います。

赤い矢印でエントリーし、チェックでエグジットしました。

1回の取引きで平均的に10~25PIPS獲る感じですね。

今は1Lotでのエントリーですが、将来的に5Lotベースでやっていく予定です。

5Lotでの運用なら、この取引きだけで28万円ですからね。

十分生活基準に持っていけます。

 

人が獲れない難しい所は安定したシステムに任せ、分かり易い所はLotをはって裁量で獲る。

これが最強だと経験ベースでひしひしと感じています。

希望があれば来月からは毎週のトレードを公開しようと考えています。

詳細全てを公開すると、師匠に怒られる部分が出てくると思いますので、出来る限りで公開しようと思っています。

 

ちなみに、僕が裁量トレードで利用しているのは、

①レジスタンスライン、サポートライン。

②ピボットライン。

③フィボナッチリトレースメント。

④MA。

これだけです。

 

基本的に①を重視し、根拠の補強で②~④を利用している形ですね。

正直①だけでも十分優位性のあるエントリーは行えます。

昔は色々インディケーターを表示しまくってたんですが、まず勝てませんよ!(笑)

相場の本質、原理原則を理解した上で、少し弱い部分を確認する為にインディケーターで確認する。

これが正しい使い方だと今は思っております。

 

システムについても裁量についても、読者の方が少しでも為替相場を捉えるキッカケになれば嬉しい限りです。

 

欲しい情報はドンドン発信していきたいので、要望があれば是非<CONTACT>よりお知らせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です