投機で儲けるプロの『商売道具』

投機のプロの『商売道具』とは?


前述の章で、ほんの少しだけプロの『商売道具』について触れました。

「プロの手法をプログラムした物をお借りしている。」

「2018年1月には元本に対し88%増、年間平均月利20%超え。」

「投機対象は為替(FX)。」

これが本当だったら凄いと思いませんか?

本当です。プロの『商売道具』についてご説明致します。

 

投機のプロの『商売道具』の概要


『商売道具』の名前は『AVANCER EA』と言います。

自動売買のプログラムで、基本的に取引きを自動で行い収益を上げてくれます。

プログラムに取引きを任せる為、運用者に関わらず、性能を再現できます。

更に『AVANCER EA』は安定した自動売買の弱点である、低収益を改善し、高収益化に成功しています。

その代わりに完全自動ではなく、半自動売買です。

 

半自動売買とはどういう意味なのか?についてご説明致します。

『AVANCER EA』に取引きを任せます。

一定の条件が発生した際に、決済されず損失を抱えます。

この損失を、設定されているルール通りに決済するという管理が必要です。

完全放置ではなく、一定の条件が発生した際に管理するので、半自動売買なんですね。

また、この条件が発生した際に、損切りしたとしてもトータルでプラスになる設計がされています。

 

次の章では、<⇒『AVANCER EA』の詳細>見ていきます。

 

ただ、その前に、自動売買を運用する際に、必ず確認しておいた方が良い条件をご紹介します。

どんなシステムを利用する際にも必ず確認されてみて下さい。

自動売買を利用する際に確認すべき条件
①デメリットが明記されている。
⇒これが無い場合、作るだけ作って運用していない場合が有ります。

②バックテストが十分に行われている。
⇒過去10年の検証は行っている物が望ましいです。

③開発者が現に使用している。
⇒開発者と運用者が別の場合、ロジックを分かっていない、アップデートできない等の支障がでます。

④フォロー体制がある。
⇒メールなり電話なり運用中のサポートがある所を選びましょう。
⇒サポートの無い所は、大抵稼げないロジックで運用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です